【市場反応】米・7月ADP雇用統計のネガティブサプライズでドル売り加速


米7月ADP雇用統計は前月比+33万人となった。伸びは6月+68万人から拡大予想に反して鈍化し、予想のほぼ半分にとどまった。米債利回りは大幅低下。10年債利回り1.16%から1.13%まで低下した。

弱い結果を嫌いドル売りが加速。ドル・円は109円00銭から108円79銭まで下落した。ユーロ・ドルは1.1860ドルから1.1875ドルまで上昇した。

【経済指標】
・米・7月ADP雇用統計:+33万人(予想:+69.0万人、6月:+68万人←+69.2万人)

《KY》

提供:フィスコ
下落、加速、結果、1.1860、1.1875

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です