日経平均は65円高、寄り後はもみ合い


日経平均は65円高(9時10分現在)。今日の東京株式市場は買いが先行した。東京市場が3連休となる前の現地5日終値に比べ、昨日の米国株式市場でダウ平均が37.60ドル高、ナスダック総合指数が34.94ポイント安とまちまちの動きとなり、東京市場の手掛かり材料とはなりにくかった。この中で、今週も発表が続く主要企業の4-6月期決算への期待感や好業績銘柄への物色意欲が株価支援要因となったほか、外為市場で1ドル=110円30銭台と先週末6日の15時頃に比べ50-60銭ほど円安・ドル高方向に振れたことも市場の安心感となった。一方、新型コロナの感染拡大に歯止めがかからず、経済活動の正常化が遅れるとの警戒感が引き続き株価の重しとなったが、寄付き段階では買いが優勢だった。寄り後、日経平均はもみ合いとなっている。

《FA》

提供:フィスコ
FA

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です