13日の米株式市場の概況、ディズニーなど買われダウ平均株価は連日の最高値更新


13日の米株式市場で、NYダウは前日比15.53ドル高の3万5515.38ドルと続伸し、連日で過去最高値を更新して取り引きを終えた。米食品医薬品局(FDA)が12日、新型コロナウイルスワクチンに関して、免疫力が低下している人を対象にした3回目の接種を認めたことが投資家心理にプラスに働いたほか、12日発表した第3四半期決算が市場予想を上回ったウォルトディズニー<DIS>が買われれこともダウ平均株価を押し上げた。ただ、午前に発表した8月のミシガン大学消費者態度指数(速報値)が70.2と前月の81.2から低下したことを受けて、景気敏感株が売られ、相場の上値は重かった。なかでディズニー同様に好決算を発表したドアダッシュ<DASH>が高く、ファイザー<PFE>、セールスフォース<CRM>、エアビーアンドビー<ABNB>も買われた。一方、ホームデポ<HD>は売られ、キャタピラー<CAT>、ダウ<DOW>も安い。なお、ニューヨーク市場の出来高概算は6億4011万株だった。

一方、ナスダック総合指数は、アップル<AAPL>、マイクロソフト<MSFT>、エヌビディア<NVDA>など主力ハイテク株が総じて上昇し、前日比6.636ポイント高の1万4822.898と続伸して引けた。

出所:MINKABU PRESS

主力、指数、日比、AAPL、lt、MSFT、NVDA、続伸、gt

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です