東京株式(大引け)=453円安と大幅に3日続落、円高警戒し売り膨らむ


16日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に3日続落。為替の円高が進行するなか、日経平均株価は一時500円を超す下落となった。

大引けの日経平均株価は前週末比453円96銭安の2万7523円19銭。東証1部の売買高概算は10億3655万株。売買代金概算は2兆3230億円となった。値上がり銘柄数は196と全体の約9%、値下がり銘柄数は1944、変わらずは48銘柄だった。

前週末13日の米株式市場では、NYダウが15ドル高と小幅に4日続伸し最高値を更新した。ただ、米景気の先行き不透明感から長期金利が低下した。これを受けた週明け16日の東京市場では、為替は一時1ドル=109円30円台へ急激なドル安・円高が進行。アフガニスタン情勢の緊迫化で地政学リスクが台頭したほか、この日発表された中国景気指標もさえない内容だったことから、東京株式市場ではリスクオフによる売りが強まる展開となり日経平均株価は一時2万7400円台まで下落した。ただ、下値には値頃感からの買いも入り引けにかけやや値を戻して取引を終えた。

個別銘柄では、トヨタ自動車<7203>や任天堂<7974>、ソニーグループ<6758>といった主力株が安く、ソフトバンクグループ<9984>やレーザーテック<6920>、ファーストリテイリング<9983>が値を下げた。三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>や三井住友フィナンシャルグループ<8316>といった銀行株が安く、ファナック<6954>やキーエンス<6861>、安川電機<6506>が値を下げた。メルカリ<4385>や日本通運<9062>が売られた。

半面、日本郵船<9101>や商船三井<9104>、川崎汽船<9107>といった海運株が引き続き人気で上昇。富士フイルムホールディングス<4901>が大幅高となり東芝<6502>や第一三共<4568>が値を上げた。スノーピーク<7816>や荏原<6361>、すかいらーくホールディングス<3197>が買われた。

出所:MINKABU PRESS

概算、代金、平均、東証、前週末、銘柄、億円、銘柄数、売買高

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です