東京株式(前引け)=反発、新型コロナ警戒で上値重い


17日前引けの日経平均株価は前営業日比46円65銭高の2万7569円84銭と反発。前場の東証1部の売買高概算は4億7379万株、売買代金概算は1兆72億円。値上がり銘柄数は983、対して値下がり銘柄数は1080、変わらずは117銘柄だった。

きょう前場の東京株式市場は、日経平均が反発したが上値の重い展開。前日の米国株市場でNYダウが5日続伸で最高値更新を続けていることから、リスク選好の流れとなったものの、寄り付き早々に前場の高値を形成し、その後は漸次上げ幅を縮小する展開となった。日経平均は前日に先物主導で大幅安をみせており、値ごろ感からの押し目買いが入った一方、2万7000円台後半では戻り売り圧力が強い。新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響を警戒する形で買いが手控えられている。値下がり銘柄数が値上がり銘柄数を上回り、TOPIXはマイナス圏で着地した。

個別では売買代金トップの日本郵船<9101>が買われたほか、売買代金第2位となった東京エレクトロン<8035>も伸び悩んだとはいえ上値指向。第一三共<4568>、富士フイルムホールディングス<4901>などもしっかり。海運株人気は異彩を放っており、共栄タンカー<9130>、東海運<9380>、明治海運<9115>が値上がり率上位3傑を占めている状況。宮越ホールディングス<6620>、椿本チエイン<6371>なども高い。半面、任天堂<7974>が冴えず、ソニーグループ<6758>もやや売りに押される展開。リクルートホールディングス<6098>が軟調。エフオン<9514>は大幅安、キャリアインデックス<6538>も急落した。アシックス<7936>も大きく値を下げた。

出所:MINKABU PRESS

前日、物主、平均、上回、着地、警戒、株式、大幅、感染、更新

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です