NY外為:ユーロ・ドル、年初来安値付近も視野に


NY外為市場でユーロ・ドルは1.177ドルから1.1709ドルまで下落し、年初来の安値1.1709ドルを試す展開となった。ユーロ・円もリスク回避の円買いに128円70銭から128円26銭まで下落し、3月来の安値を更新した。

連邦準備制度理事会(FRB)の早期緩和縮小観測を受けたドル買いが優勢となった。
米国株式相場は下げ幅を拡大。ダウ平均株価は一時500ドル超下げた。

《KY》

提供:フィスコ
理事会、株式、平均、制度、連邦準備、FRB、br、優勢、縮小観測

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です