アジア株はまちまち、規制強化や感染再拡大懸念が重石 台湾株は9営業日続落


アジア株はまちまち、規制強化や感染再拡大懸念が重石 台湾株は9営業日続落

東京時間11:06現在
香港ハンセン指数 25843.30(+97.43 +0.38%)
中国上海総合指数 3439.84(-7.14 -0.21%)
台湾加権指数 16451.69(-209.67 -1.26%)
韓国総合株価指数 3151.18(+8.09 +0.26%)
豪ASX200指数 7519.90(+8.87 +0.12%)

アジア株はまちまち。中国当局による規制強化や、感染再拡大が懸念されている。一方で値ごろ感による買い戻しも見られる。
香港市場では中国人寿保険や交通銀行など金融株が上昇している。一方、瑞声科技や舜宇光学科技などハイテク関連は軒並み下落している。
台湾株は9営業日続落、約3カ月ぶり安値をつけている。幅広い銘柄が下落。TSMCは2.0%安、鴻準精密は1.55%安。

出所:MINKABU PRESS
指数、台湾、香港、中国上海、3439.84、7.14、0.21、0.38、br、東京時間

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です