24日の株式相場見通し=続伸、ナスダック最高値受けリスク選好


24日の東京株式市場は、前日に続き主力株を中心に買いが優勢となり日経平均は続伸しそうだ。前日の米国株市場では、ファイザー製の新型コロナワクチンが正式に承認されたことを受け、ワクチン普及を背景とした経済活動の正常化期待が幅広く買いを誘導した。NYダウをはじめ主要3指数が揃って上昇し、ハイテク株比率の高いナスダック総合指数は3日続伸となり、約2週間ぶりに過去最高値を更新した。東京市場でもこのリスク選好の流れを受けて強調展開が予想される。ただ、国内での新型コロナウイルスの感染拡大に対する懸念が依然拭えないなか、日経平均2万7000円台後半では戻り売り圧力の強さも意識されやすい。前日に米株市場に先立って480円あまりの急伸をみせていたこともあり、その分だけ上げ幅は限られる可能性もある。

23日の米国株式市場では、NYダウ平均株価が前営業日比215ドル63セント高の3万5335ドル71セントと続伸。ナスダック総合株価指数は同227.989ポイント高の1万4942.652だった。

日程面では、東京パラリンピック開催(~9月5日)、7月の全国スーパー売上高など。なお、ジャスダック市場にタンゴヤ<7126>が新規上場する。海外では、7月の米新築住宅販売件数など。

出所:MINKABU PRESS

株式、平均、指数、日比、NY、前営業、続伸、総合株価

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です