東京株式(寄り付き)=反発、コロナ警戒で上値は重い展開か


26日の東京株式市場は買い先行、寄り付きの日経平均株価は前営業日比68円高の2万7793円と反発。

前日の米国株市場ではNYダウなど主要株指数の上値指向が続き、ナスダック総合指数とS&P500指数は連日の最高値に買われたが、上げ幅はわずかにとどまった。東京市場でも日経平均は前日に朝高後に値を消すなど目先上昇一服感も浮上、きょうも上値の重さが意識されそうだ。外国為替市場で1ドル=110円台に入るなど円安に振れている点は輸出主力株など中心に追い風材料となるが、国内で広がる新型コロナウイルスの経済活動への影響を警戒して積極的な買いは期待しづらいとの見方も強い。

出所:MINKABU PRESS

指数、前日、警戒、指向、主力、平均、外国、期待、材料、国内

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です