概況からBRICsを知ろう インドSENSEX指数は反発、景気の回復が順調


【ブラジル】ボベスパ指数 116677.08 -2.28%
2日のブラジル株式市場は反落。主要指標のボベスパ指数は前日比2718.52ポイント安(-2.28%)の116677.08で取引を終了した。119396.6から116534.3まで下落した。

売りが先行した後は下げ幅をじりじりと拡大させた。経済指標の悪化が警戒され、幅広い銘柄に売りが広がった。7月の鉱工業生産増加率(前年比)は1.2%となり、前月の12.0%と予想の2.0%を下回った。また、インフレ率の加速懸念なども引き続き圧迫材料となった。

【ロシア】MOEX指数 3990.77 +0.50%
2日のロシア株式市場は続伸。主要指標のMOEX指数は前日比19.75ポイント高(+0.50%)の3990.77で取引を終了した。3968.06から3994.77まで上昇した。

前日の終値近辺でもみ合った後は上げ幅をじりじりと拡大させた。原油価格の上昇がウエートの高い資源銘柄の物色手掛かり。また、欧米株など海外市場が堅調だったことも買い安心感を与えた。なお、7月の経済指標がまちまちの結果となった。失業率は予想以上に低下した一方、小売売上高の伸び率は前月から大幅に縮小した。

【インド】SENSEX指数 57852.54 +0.90%
2日のインドSENSEX指数は反発。前日比514.33ポイント高(+0.90%)の57852.54、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同157.90ポイント高(+0.92%)の17234.15で取引を終えた。

買いが先行した後は上げ幅をじりじりと拡大させた。景気の回復が順調に進んでいるとの観測が支援材料。8月の各種経済指標が安定していると報告されている。また、外国人投資家(FII)の買い継続も指数をサポート。FIIはこの日までに4日連続の買い越しとなった。

【中国本土】上海総合指数 3597.04 +0.84%
2日の上海総合指数は、主要指標の上海総合指数が前日比29.94ポイント高(+0.84%)の3597.04ポイントと5日続伸した。約2カ月ぶりの高値水準を回復している。

経済対策に対する期待感が持続する流れ。官民が公表した8月の中国製造業PMIがそろって市場予想を大幅に下回る中、景気の落ち込みを回避するため、中国当局は財政・金融政策を強める??との思惑が広がっている。市場関係者の間からは、「中国人民銀行は9月にも預金準備率の追加引き下げや利下げに踏み切る」との声も聞かれた。また、財政部が1日公表したデータにより、8月の地方債発行が加速したことが判明している。インフラ投資が進むとの見方も強まった。

《CS》

提供:フィスコ
下回、前年、警戒、先行、加速、材料、幅広、悪化、銘柄、経済指標

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です