後場の日経平均は47円安でスタート、ソフトバンクGやレーザーテックが冴えない/後場の寄り付き概況


日経平均 : 30334.27 (-47.57)
TOPIX : 2089.05 (-2.60)

[後場寄り付き概況]
後場の日経平均は前営業日比47.57円安の30334.27円と前引け値(30292.84円)からやや下げ幅を縮めて取引を開始した。ランチバスケットは、差し引き15億円の売り越しとの観測。なお、ランチタイムの日経225先物は、後場寄りの少し前に若干崩れたものの、概ね底堅い推移。前場の日経平均は、プラスに転じ30434.46円まで上昇する場面も見られたものの、やはり直近の急騰もあって利益確定売りも根強く、底堅いながらも一進一退といった値動き。香港ハンセン指数が大きく下落しているなかで、新規材料難ということもあり、後場の日経平均は引き続きもみ合い気味の推移が続いている。

売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>、レーザーテック<6920>、トヨタ自<7203>、商船三井<9104>などが引き続き冴えない中、東エレク<8035>、川崎汽船<9107>、ルネサス<6723>、三井ハイテック<6966>、新生銀行<8303>などが買われている。業種別では、非鉄金属、倉庫運輸、水産農林などが小幅ながらプラス圏で推移。
《CS》

提供:フィスコ
平均、推移、香港、下落、若干、利益、指数、材料、日比、30334.27

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です