会社|石狩、エア・ウォーターグループの2社


[PR]

 産業ガス大手のエア・ウォーター(大阪市)は13日、同社グループの2社が産業廃棄物輸送・処理のリプロワークホールディングス(HD、石狩市)の株式90%を取得し、子会社化したと発表した。エア・ウォーターグループは既に医療廃棄物の収集・輸送を行っており、リプロワークHDの取得で中間処理まで一貫して行う体制を構築する。

 株式取得は8月30日。エア・ウォーター物流(札幌)が70%、エア・ウォーター北海道(同)が20%をそれぞれ取得する。取得額は非公表。同HDは1974年に設立し、石狩市と根室管内別海町に産業廃棄物中間処理施設がある。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です