S&P500 月例レポート ― 最高値更新ラッシュの8月 (3) ―


●企業業績

○これまでに、S&P 500指数構成銘柄のうち、490銘柄が2021年第2四半期の決算発表を終え、このうち利益が予想を上回ったのは422銘柄(86.1%)、予想を下回ったのは53銘柄、予想通りだったのは15銘柄でした。また、売上高に関しては、489銘柄中427銘柄(87.5%)で予想を上回りました。2021年第2四半期の利益予想は1年前(2020年第2四半期末)から37.3%、2021年第2四半期末(2021年6月30日)から18.0%、それぞれ上方修正されています。第2四半期は最高益を更新する見通しで、過去最高を記録して好調だった2021年第1四半期から9.9%の増益、(新型コロナウイルスの影響を受けた)2020年第2四半期から94.5%の増益が見込まれています。

⇒2021年通年については過去最高益を更新する見通しで、2020年比で62.3%の増益が見込まれており、2021年の予想PERは22.8倍となっています。

⇒2022年は2021年比でさらに9.7%の増益と、再度の最高益更新が見込まれており、2022年の予想PERは20.8倍となっています。

⇒2021年第2四半期の決算発表を終えた銘柄のうち、株式数の減少によってEPSが前年同期比で4%以上押し上げられた銘柄の割合は5.5%です(2021年第1四半期は5.8%、2020年第2四半期は17.8%、2019年第2四半期は24.2%)。

●個別銘柄

○映画館運営のAMCエンターテインメント・ホールディングスA<AMC>は、年末までにビットコインでの支払いを導入することを明らかにしました。

○テスラ<TSLA>のオートパイロットシステムを搭載した自動車の衝突事故が複数発生したことを受けて、米当局が調査を開始しました。

○オンライン小売大手アマゾン・ドット・コム<AMZN>は、衣料品と日用品を販売し、商品の交換を認める小売店舗をオープンする計画を発表しました。

○デルタ・エアーラインズ<DAL>は、同社の医療保険制度に加入している従業員が新型コロナウイルスワクチンを接種していない場合、毎月200ドルを徴収することを明らかにしました。

○S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスはヘルスケア企業のバイオ-テクネ<TECH>をS&P500指数に採用し、米国の半導体メーカーでアナログ・デバイセズ<ADI>に買収されたマキシム・インテグレーテッド・プロダクツ<MXIM>を同指数から除外しました。

●注目点

○金融プラットフォームのPoly Networkがハッキング被害を受け、6億1000万ドル相当の暗号資産が盗まれました。攻撃を仕掛けたハッカーは「(事件を起こしたのは)楽しむため」というメッセージとともに、盗んだ暗号資産の大半を返却しました。

○中国で、ハイテク企業によるデータ収集を制限する新たな個人情報保護法が可決されました(2021年11月1日施行)。

○1932年発表のSF小説『すばらしい新世界』(『ブレイブ・ニュー・ワールド』としてドラマ化)の21世紀版さながらに、テスラ<TSLA>のイーロン・マスクCEOは特定の作業を行うことができる人型ロボットの開発計画を発表しました。

○世界最大の半導体受託生産企業である台湾積体電路製造(TSMC)ADR<TSM>は価格を最大20%引き上げると発表しました。

○ハリケーン「アイダ」が襲来したニューオーリンズでは、ほぼ全面的に停電が発生し、一部の製油所が操業を停止したため、地元のガソリン価格が上昇しています。

⇒9月は市場にとってのハリケーンシーズンです。過去の実績を見ると、9月は1年で最も低調な月で、1926年以降、9月は平均で0.99%下落しています。10月は相場の急落が発生しており、1987年10月19日は22.47%、1929年10月28日は12.34%、1929年10月29日は10.16%それぞれ下落しました。

●利回り、金利、コモディティ

○米国10年国債利回りは7月末の1.23%から1.32%に上昇して月を終えました(2020年末は0.92%、2019年末は1.92%、2018年末は2.69%、2017年末は2.41%)。30年国債利回りは7月末の1.90%から1.94%に上昇して取引を終えました(同1.65%、同2.30%、同3.02%、同3.05%)。

○英ポンドは7月末の1ポンド=1.3906ドルから1.3744ドルに下落し(同1.3673ドル、同1.3253ドル、同1.2754ドル、同1.3498ドル)、ユーロは7月末の1ユーロ=1.1869ドルから1.1806ドルに下落しました(同1.2182ドル、同1.1172ドル、同1.1461ドル、同1.2000ドル)。円は7月末の1ドル=109.69円から110.14円に下落し(同103.24円、同108.76円、同109.58円、同112.68円)、人民元は7月末の1ドル=6.4615元から6.4607元に上昇しました(同6.5330元、同6.9633元、同6.8785元、同6.5030元)。

○原油価格は7月末の1バレル=73.68ドルから68.60ドルに下落して月を終えました(同48.42ドル、同61.21ドル、同45.81ドル、同60.09ドル)。米国のガソリン価格(EIAによる全等級)は、7月末の1ガロン=3.232ドルから3.237ドルに上昇して月末を迎えました(同2.330ドル、同2.658ドル、同2.358ドル、同2.589ドル)。

○金価格は7月末の1トロイオンス=1816.80ドルから下落して1815.80ドルで月の取引を終えました(同1901.60ドル、同1520.00ドル、同1284.70ドル、同1305.00ドル)。

○VIX恐怖指数は7月末の18.24から16.48に低下して月を終えました。月中の最高は24.74、最低は15.19でした(同22.75、同13.78、同16.12、同11.05)。

⇒同指数の2020年の最高は85.47、最低は11.75でした。

※「高値更新街道を突き進む米国市場 (4)」へ続く

半期、上回、利益、下回、修正、年前、指数、更新、86.1、銘柄中

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です