NY株式:NYダウ506ドル高、経済活動再開に自信広がる


米国株式市場は上昇。ダウ平均は506.50ドル高の34764.82ドル、ナスダックは155.40ポイント高の15052.25で取引を終了した。中国政府が恒大に目先のドル建て社債のデフォルトを回避するように指示したと報じられ、直近の懸念が緩和し、寄り付き後、上昇。連邦準備制度理事会(FRB)が資産購入ペースを速やかに減速する可能性を示唆したものの、利上げはまだ先になるとの見方に加え、経済活動の再開への投資家の自信が強まり景気循環株中心に買いが再燃し、上げ幅を拡大した。セクター別ではエネルギーや銀行が上昇した一方、公益事業が下落。

レストランチェーンを運営するダーデン・レストランツ(DRI)は好決算や通年の見通し引き上げが好感され、上昇した。また、クルーズ船を運営するカーニバル(CCL)は10月末までに42の客船の運営を再開すると発表し、上昇。バイオのノババックス(NVAX)は同社製新型コロナワクチンを巡る緊急使用許可を世界保健機関(WHO)に申請したとの報道を受け、買われた。短文投稿サイトのツィッター(TWTR)は、利用者によるビットコインの送受信を認める方針を発表し上昇。

スポーツ用品メーカーのナイキ(NKE)は取引終了後、決算を発表。サプライチェーンの混乱が響き国内の売り上げが伸びず予想を下回る内容が嫌気され、時間外取引で売られている。

Horiko Capital Management LLC

《FA》

提供:フィスコ
通年、客船、短文、月末、好感、投稿、利用、保健、世界、運営

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です