体験観光、23年秋「再誘致」内定


[PR]

 欧米で人気の体験型観光「アドベンチャートラベル(AT)」の国際サミットを主催する米国の団体が、2023年秋の開催地に北海道を内定したことが道関係者への取材で分かった。今年のサミットは道内開催が予定されていたが、コロナ禍のため、オンライン形式に変更されていた。道は23年に通常形式で開催することでコロナ収束後の海外客拡大を目指す。

 道関係者によると、主催団体「アドベンチャー・トラベル・トレード・アソシエーション」が20日から道内を拠点に開かれている今年のサミット最終日の24日、23年の道内開催を表明する見通し。道などは今年のサミットで、商談会や観光コースを紹介する動画配信を通して道内のATの魅力を世界に発信、海外事業者らに高い評価を受けたという。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です