<週末コメント> ─ 来週の相場展望 ─ 2021年9月24日


今週の日経平均終値は3万248円で、前週末比251円安でした。

今週の日経平均は中国不動産大手恒大の経営不安などから5週ぶりに反落しました。とはいえ一時は800円以上も下げていた相場が週間終値ベースで250円安程度に収まるなど急落商状は一時的で、週足はマイナスながらも陽線を立てる切り返しの強さを示しています。日経平均の足腰の強さは健在で中長期の上昇基調に揺るぎは今のところないでしょう。一方、今年は3万円台に定着できた時間が非常に短く、まずはこの大台でしっかりと足場を固める必要がありそうです。中国企業の経営問題など外部環境は一部で不透明ですが、日本は国内的に「総裁選」「衆院選」「コロナ減少」など独自の支援要素が多く、また世界と比べた株価の出遅れ感や割安感もあって、この秋相場は上がる材料が多く揃っています。秋相場は3万円台定着(足場固め)から再び3万1000円台を目指す動きとなってきそうです。(ストック・データバンク 編集部)
平均、今週、前週末

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です