29日の米株式市場の概況、ダウ平均株価は90ドル高と反発


29日の米株式市場では、NYダウが前日比90.73ドル高の3万4390.72ドルと反発した。

米長期金利の上昇一服を受けNYダウは上昇した。前日に569ドル安と急落したことから、値頃感からの買いが流入した。ナスダック指数は下落した。テスラ<TSLA>やアップル<AAPL>、マイクロソフト<MSFT>が高い。ボーイング<BA>やメルク<MRK>、ナイキ<NKE>が値を上げた。イーライ・リリー<LLY>やジョンソン・エンド・ジョンソン<JNJ>、ユナイテッドヘルス・グループ<UNH>がしっかり。半面、アマゾン<AMZN>やフェイスブックA<FB>が安く、アドバンスト・マイクロ・デバイシズ<AMD>、エヌビディア<NVDA>、ASMLホールディングADR<ASML>といった半導体株が値を下げた。セールスフォース・ドット・コム<CRM>やズーム・ビデオ・コミュニケーションズ<ZM>が軟調だった。

ナスダック総合株価指数は、34.242ポイント安の1万4512.441と4日続落した。出来高概算は、ニューヨーク市場が8億2430万株だった。

出所:MINKABU PRESS

前日、流入、下落、指数、gt、TSLA、BA、MSFT、AAPL、NY

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です