日経平均は184円安、アジア株軟調で東京市場の重しに


日経平均は184円安(14時25分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>などがマイナス寄与上位となっており、一方、キヤノン<7751>、エプソン<6724>、オリンパス<7733>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、鉱業、不動産業、石油石炭製品、非鉄金属、空運業が値下がり率上位、精密機器、食料品、医薬品、電気・ガス業が値上がりしている。

日経平均は方向感のない動きが続いている。香港ハンセン指数や上海総合指数、台湾加権指数、韓国KOSPI指数などアジア株が軟調で、東京市場の重しとなっているようだ。

《FA》

提供:フィスコ
指数、方向感、台湾、香港、上海、平均、軟調、東京市場、韓国、KOSPI

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です