NY外為:ドル・円安値圏でもみ合い、米長期金利低下


NY外為市場でドル・円は長期金利の低下に伴うドル売りに110円10-15銭の安値圏でのもみ合いを継続した。ユーロ・円は130円30銭から129円49銭まで下落。ポンド・円は151円91銭付近から151円25銭まで下落した。

米国債相場は朝方発表された予想を下回った経済指標を受けて上昇。10年債利回りは1.23%まで低下したのち、1.26%前後で推移。ダウ平均株価はほぼ横ばいで推移した。

《KY》

提供:フィスコ
推移、下回、低下、平均、予想、米国債相場、朝方発表、1.23、1.26、経済指標

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です