追加|中央、4回連続、インフレ加速


 【モスクワ共同】ロシア中央銀行は23日、理事会を開き、主要政策金利を1・0%引き上げて6・5%にすることを決めた。26日から実施。インフレ加速を理由としている。

 3月に約2年3カ月ぶりに金融引き締めに転じて以来、4回連続の利上げ。

 7月19日時点の推定の年間物価上昇率は5月時点と比べ0・5ポイント高い6・5%。中銀は金融引き締めにより4%に戻すことを目標としている。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です