京為替:1ドル109円80銭近辺、加藤官房長官、緊急事態宣言の要請は速やかに検討


東京外為市場でドル・円は1ドル=109円80銭近辺で推移。加藤官房長官は、千葉県が緊急事態宣言を要請するとの方針について、「要請が出されれば、速やかに検討したい」との意向を示したとロイターが報じている。一部報道では、千葉県のほかに、神奈川県、埼玉県も緊急事態宣言を要請する可能性があるもようだ。

一方、東京株式市場は日経平均が321.45円で午前の取引を終了した。一時下げ幅を縮小する場面があったが、新型コロナ感染者の増加や緊急事態宣言の対象地域が追加されることで、経済への影響を懸念する見方が高まっていることが、相場の上値を抑えているようだ。また、指数に寄与度の高いファーストリテイリング<9983>、東京エレクトロン<8035>、ソフトバンクG<9984>が大幅安していることも相場の重しとなっているもようだ。

《FA》

提供:フィスコ
午前、急事、追加、株式、感染者、地域、大幅、宣言、平均、指数

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です