<マ-ケット日報> 2021年7月28日


28日の市場は日経平均が4日ぶりに大幅反落。終値は前日比388円安の2万7581円だった。前日の米株安に加え中国の株安も影響して朝から売りが優勢となった。昨日の東京の新型コロナ新規感染者数が過去最多となったことも市場の圧迫要因となった模様。五輪開催中の感染急拡大で行動抑制が効かないことへの不安があるなか、神奈川、埼玉、千葉の3県も緊急事態宣言の要請を検討と伝わり、終盤には一時500円を超える下げを演じてしまった。

昨日の米国市場は中国株安などを嫌気してダウ平均は6日ぶりに反落した。この日は中国がネット企業への規制を強化するとした状況で、上海株が大幅下落したことが重荷となった。主要指数が連日で最高値を更新していることもあり短期筋が手じまい売りを出すきっかけとなったようだ。米国を含めて世界で新型コロナの感染拡大が止まらないことも先行きを不透明にさせている。ただ、ダウ平均は5連騰もした割に押し幅は小さく依然として基調は安定している。

さて、東京市場は米株高一服と新型コロナの感染拡大が勢いを増している状況から売りが先行する展開。米株先物安やアジアの株安もあって後場も軟調な動きを続けてしまった。チャート面では下値200日移動平均線(2万7782円)を下回っておりトレンド上は弱い動き。中国のネット規制によってSBGが年初来安値を更新するなど日経平均を押し下げる特殊な要因も働いている。

(ストック・データバンク 編集部)
中国、重荷、平均、下落、上海、先行、安定、不透明、大幅、感染

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です