【市場反応】米6月卸売在庫速報値/前渡商品貿易収支、ドル買い継続


米商務省が発表した6月卸売在庫速報値は前月比+0.8%となった。伸びは5月+1.3%から予想以上に鈍化し、昨年12月来で最小となった。小売在庫は前月比+0.3%と、予想外に4カ月ぶりのプラスに改善。

同時刻に発表された6月前渡商品貿易収支は-912億ドル。赤字幅は5月882億ドルから縮小予想に反して拡大。過去最大を記録した3月来で最大となった。

低調な結果も米国株式相場の上昇を受けて、国債相場は下落。米10年債利回りは1.26%から1.27%まで上昇した。ドル買いも続いた。ドル・円は110円04銭から110円20銭まで上昇。ユーロ・ドルは1.1810ドルから1.1792ドルまで下落した。
【経済指標】
・米・6月卸売在庫速報値:前月比+0.8%(予想:+1.1%、5月:+1.3%)
・米・6月前渡商品貿易収支:-912億ドル(予想‐880億ドル、5月-882億ドル)

《KY》

提供:フィスコ
赤字、月前、商品、発表、記録、縮小予想、貿易収支

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です