FOMC声明受けダウ平均は下げ渋る=米国株速報


NY株式28日(NY時間14:17)
ダウ平均 34971.13(-87.39 -0.25%)
ナスダック 14757.68(+97.10 +0.66%)
CME日経平均先物 27850(大証終比:+320 +1.15%)

日本時間3時に公表されたFOMC声明を受けて、米株式市場でダウ平均は下げ渋る動きを見せている。大方の予想通りに政策は据え置きとなったが、声明では「経済は資産購入ペース縮小基準の目標に向け進展」と述べた。ただ、「インフレは上昇は概ね一時的要因を反映」とも指摘している。このあと3時半からパウエルFRB議長の会見が予定。

FOMC声明
・経済は資産購入ペース縮小基準の目標に向け進展。
・国内外の常設レポファシリティーを創設。
・インフレは上昇。概ね一時的要因を反映。
・経済活動と雇用は力強さを持続。
・パンデミックで大きな打撃を受けたセクターは十分回復していない。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美
声明、指摘、要因、日本、株式、大方、平均、政策、FOMC、経済

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です