増枠、国際合意、日本に732トン


 太平洋クロマグロの漁獲管理を話し合う国際会議が29日閉幕、日本近海を含む中西部太平洋で、大型魚(30キロ以上)の漁獲枠を一律15%増とすることに合意。水産庁によると、日本の増加分は732トン。水産資源が回復傾向にあるとして増枠を求めた日本の提案が一部認められた。小型魚は現行規制を維持する。年内に開く上部会合で承認されれば、正式決定となる。

 現在の日本の漁獲枠は大型魚が4882トン、30キロ未満の小型魚が4007トン。日本は国際会議で、大型魚、小型魚ともに20%の増枠を提案していた。

 この会議はオンライン形式で日本のほか米国、韓国、台湾などが参加した。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です