NY株式:米国株式市場は反落、新型コロナ再流行を懸念


ダウ平均は149.06ドル安の34,935.47ドル、ナスダックは105.58ポイント安の14,672.68で取引を終了した。

中国テクノロジー株の下落を受けた警戒感や疾病対策センター(CDC)が新型コロナウイルス変異株「デルタ」に水ぼうそう並みの感染力があり、従来のコロナウイルスよりも重症化する可能性を警告したため回復への警戒感も再燃し、寄り付き後、下落。月末で、利益確定の売りも目立ち、終日軟調に推移した。セクター別では、小売りが大きく下落した一方で、商業・専門サービスが小幅上昇。

消費財メーカーのプロクター・アンド・ギャンブル(PG)は四半期決算の内容が予想を上回り上昇。マイケル・コースやベルサーチといった高級ブランドを傘下に持つカプリ・ホールディングス(CPRI)も決算内容が予想上回ったほか、本年2度目となる見通し引き上げが好感され、大きく買われた。ナスダック市場に29日新規株式公開(IPO)した株式取引アプリを運営するロビンフッド(HOOD)はキャシー・ウッド氏率いるアーク・インベストメントによる同社株購入が明らかになり堅調に推移。一方、画像共有サイトのピンタレスト(PINS)は第2四半期決算において、月間アクティブユーザー(MAU)の減少を報告し、大きく売られた。クルーズ船を運営するロイヤル・カリビアン(RCL)は乗客の6名のコロナウイルス陽性が判明したと発表し、下落。同業のノルウェ?ジャン・クルーズ(NCLH)やカーニバル(CCL)も連られて売られた。エンターテインメントのディズ二?(DIS)はマーベル映画の最新作「ブラック・ウィドウ」配信を巡る主演俳優による提訴が嫌気され下落。

米証券取引委員会(SEC)は、中国政府による新たな規制強化のリスクを投資家に開示する新たなガイダンスが作成されるまで、中国企業の国内IPOや有価証券の売り出しに関する登録手続きを停止すると報じられた。

(Horiko Capital Management LLC)

《YN》

提供:フィスコ
下落、警戒、月末、感染力、推移、中国、重症、警告、可能性、利益

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です