ゴールドマンサックスは、第2四半期にアリババの持ち株を増やしました。


Financial Associated Press(上海、編集者Xiaoxiang)、今週の金曜日(8月13日)現地時間、ゴールドマンサックスは第2四半期を米国証券取引委員会(SEC)13Fに提出しました。ポジションレポート。 報告書によると、第2四半期のゴールドマンサックスの持ち株の時価総額は4,463億9,000万米ドルに達し、第1四半期の3,964億5,400万米ドルから12.6%増加しました。

13FデータプラットフォームWhalewisdomの統計によると、ゴールドマンサックスの第2四半期の保有数のうち、合計2,591のターゲットが増加し、2356のターゲットが減少し、836の新規ターゲットが追加されました。被験者、706人の被験者がクリアされました。

第2四半期の上位10銘柄は、ゴールドマンサックスの時価総額の17.27%を占めました。以下は、上位10銘柄の具体的なリストです。 of Goldman Sachs:

13Fファイルは、ゴールドマンサックスが587万株を購入したことを示しています。アリババは第2四半期に、アリババは5番目に大きな持ち株となり、ポートフォリオ比率の1.55%を占めています。 ゴールドマンサックスは、アリババ株を直接購入する一方で、アリババのコールオプションも多数購入しました。

さらに、ゴールドマンサックスは、Apple、Facebook、Tesla、Nvidiaなどのテクノロジー株の保有も増やしています。 ゴールドマンサックスマスクラは、第2四半期に138万株のアップル株を取得しました。

新規入札に関して、ゴールドマンサックスの第2四半期の最大のポジションは、ヘルスケアプラットフォームのPrivia Health Groupで、3,051万株を購入しました。

保有量の削減において、ゴールドマンサックスはSPDR S&P 500ETF、Nasdaq 100ETF、およびその他のETFの保有量を大幅に削減しました。

個々の株の中で、JPモルガンチェースやビザなどの金融株が売られています。 さらに、マイクロソフト、アマゾン、グーグルなどのテクノロジー株も、保有量をさまざまな程度に減らしています。

13Fレポートは、以下を管理する機関による米国証券取引委員会(SEC)への機関が保有する米国企業の株式の開示に言及しています。少なくとも1億米ドルの株式資産レポート。 13F四半期報告書を提出する必要のある投資機関には、投資信託、ヘッジファンド、信託会社、年金基金、保険会社などが含まれます。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です