ホワイトハウス電気自動車サミットはテスラを招待しませんでした! ムスクだけでなく、トヨタフォルクスワーゲンでさえ懸念を表明した:バイデンはGMフォードビッグスリーがリードすることを望んでいる


ホワイトハウス電気自動車サミット後、トヨタ、ホンダ、フォルクスワーゲン、その他の外国の自動車メーカーがバイデン政権が電気自動車の購入者をめぐる競争において、組合化されたデトロイトに3人の巨人を優勢にすることを望んでいる兆候があるため、不安を感じています。

今月初め、電気自動車の生産を促進することを目的としたイベントで、ホワイトハウスはゼネラルモーターズ、フォード、ステランティス(クライスラーの合併により設立)を招待しました。とPSA)幹部が出席したが、現在電気自動車の分野のリーダーであるテスラが招待されなかったのは不思議である。

米国議会は、電気自動車の購入者へのインセンティブを高めるための法案を検討しています。これには、重要な民主党議員が提案した、組合を持っている工場による米国。

このような条項は法律にならないかもしれませんが、米国とテスラに工場を持つ外国の自動車メーカーは、自動車組立工場がそうではないため、不利になります。組合労働者を使用します。

トヨタアメリカの政府担当副社長、スティーブン・シッコーネ氏は金曜日の声明で述べた。 「包括的政策は、カーボンニュートラルと自動車産業の電化という共通の目標の達成を加速すると信じています。現在の政策は、米国の自動車労働者が組合を結成することを選択したかどうかに基づいて不当に差別します。」

ホンダとフォルクスワーゲンは、組合が生産した電気自動車を購入する消費者に追加のインセンティブを提供することにも反対しています。 フォルクスワーゲンは、特定の自動車メーカーを支持する政策が電気自動車の普及を遅らせる可能性があると述べたが、ホンダはこれが選択肢の減少につながる可能性があると述べた。

テスラのCEOであるイーロンマスクと外国の自動車メーカーの業界団体はどちらも、ホワイトハウスのイベントに招待されなかったことに不満を表明しました。

Autos Drive Ameri、外国の自動車メーカーのロビーグループCAのジェニファーサファビアン会長(ジェニファーサファビアン)は、組合を利用する自動車メーカーの利益を、利用しない自動車メーカーよりも優先することは不公平であると述べた。

彼女は声明の中で次のように述べています。好意ではなく、電気自動車に対する包括的なインセンティブを維持します。」

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です