世界最大の自動車会社の生産量は9月に大幅に減少しました


Financial Associated Press(上海、編集者Shi Zhengcheng)は、地元の日本のメディアが木曜日にトヨタ自動車が9月の生産を大幅に削減すると報じたように、世界最大の自動車であると報告しました。その日の遅い取引で、4.42%を閉じます。 トヨタの急落に引きずり込まれた日経225指数は、木曜日に1.1%下落し、7か月近くで過去最低を記録しました。

(トヨタ自動車の議事録、出典:Yahoo Finance)

株価が急激に変動した理由は、日経新聞が午後に発表した、トヨタの当初の9月の生産目標である90万台について言及したレポートでしたが、チップ不足が続いたためです。また、東南アジアでのデルタ株の流行がサプライチェーンに与える影響により、同社は生産目標を50万台に引き下げました。

報告によると、トヨタは来月初めから、北米、ヨーロッパ、および中国。 トヨタのスポークスパーソンは、このレポートについてコメントすることを拒否した。

この状況は予兆です。トヨタは早ければ8月に、今年度の営業利益の見通しを維持すると発表しました。自動車需要の急増を背景に、投資家は失望し、株価は下落した。 来年3月期のトヨタの現在の利益予想は2.5兆円(約227億米ドル)であり、アナリストの平均予想は2.95兆円である。

昨年から現在までの世界的な自動車メーカーの生産停止ニュースと比較して、トヨタはサプライチェーンを強力に管理しており、主要コンポーネントの数。埋蔵量への影響は少ないです。 しかし、東南アジアでの最近の流行は、トヨタのサプライチェーンの警戒を呼び起こす大きな打撃となりました。トヨタはタイに大量の生産能力を配備しました。しかし、国の流行の数が新たな高値を記録し続けているため、日本の自動車メーカーは生産停止を発表する必要があります。 トヨタのタイ工場の現在の生産能力は、年間76万台に達しています。

トヨタに加えて、トヨタのサプライチェーンの個々の株も木曜日に報告されました。減少傾向、豊田自動織機は3.79%、アイシン精機は5.23%減少しました。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です