日経平均は228円高


日経平均は228円高(9時10分現在)。今日の東京株式市場は買いが先行した。新型コロナワクチン接種の加速による経済活動正常化への期待感が継続していることに加え、昨日の米株式市場で主要3指数(ダウ平均、ナスダック総合指数、S&P500)がそろって上昇したことなどが東京市場の株価支援要因となった。一方、東京などで新型コロナの感染再拡大の兆候が見られ、足元経済への悪影響が懸念されていることに加え、東京五輪を機に感染がさらに拡大するのではないかとの警戒感などが株価の重しとなったが、寄付き段階では買いが優勢だった。寄り後、日経平均はやや伸び悩んでいる。

《FA》

提供:フィスコ
FA

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です