[通貨オプション]変動率低下要因相場


ドル・円オプション市場で変動率は連日低下した。週末要因やレンジ相場の思惑を受けたオプション売りが続いた。

リスクリバーサルはまちまち。調整が続いた。短期物でドル・円下値ヘッジする目的の円コール買いが弱まった一方、中長期物では円コール買いが再燃した。

■変動率
・1カ月物5.07%⇒4.91%(08年10/24=31.044%)
・3カ月物5.64%⇒5.45% (08年10/24=31.044%)
・6カ月物5.95%⇒5.81%(08年10/24=25.50%)
・1年物6.27%⇒6.19%(08年10/24=20.00%、21.25%=98年10月以来の高水準)

■リスクリバーサル(25デルタ円コール)
・1カ月物+0.10%⇒+0.08%(08年10/27=+10.90%)
・3カ月物+0.30%⇒+0.31%(08年10/27=+10.90%)
・6カ月物+0.50%⇒+0.51%(08年10/27=+10.71%)
・1年物+0.75%⇒+0.76%(08年10/27=+10.71%)

《KY》

提供:フィスコ
目的、再燃、調整、円下値、中長期物

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です