ソフトバンクG世界事業人員削減


ソフトバンクグループ<9984>は世界的にロボティクス事業の人員削減を進めていると伝わった。ロイター通信が関係者の話として伝えた。ヒト型ロボット「ペッパー」は昨年から生産を中止しているという。

ペッパーの生産台数はこれまでにわずか2万7000台に留まっているほか、生産を再開するのはコストがかかるという。ソフトバンクはフランスの拠点にいる330人のスタッフのうち、約半数を9月に削減する計画とも伝わった。米国と英国では既にスタッフの半数が削減されたほか、日本では従業員がロボティクス事業から配置換えになったという。

出所:MINKABU PRESS
英国、日本、配置、再開、削減、生産、生産台数、従業員、事業、計画

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です