ファイザーとアストラゼネカの組み合わせで強力な免疫反応=米国株免疫強力米国株


ファイザー<PFE>とアストラゼネカ<AZN>がそれぞれ開発したワクチンを組み合わせて接種した場合、強力な免疫反応が生み出されることが英オックスフォード大学の研究で示された。ブルームバーグが伝えた。ワクチンの供給が不十分な中でも、接種体制により柔軟性を持たせられる可能性があることを示す結果となった。

研究者らがきょう、医学誌ランセットで報告したところによれば、1度目にファイザー製、2度目にアストラゼネカ製、もしくは逆の順番でワクチンを投与した場合、新型ウイルスに対する高濃度の抗体が産生された。2度のワクチン接種の間隔は4週間。

また、最初にアストラ製、2度目にファイザー製のワクチンを投与したほうが、その逆よりも高い水準の免疫抗体とT細胞が作り出されたことも分かった。

(NY時間14:20)
ファイザー<PFE> 39.05(+0.07 +0.17%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美
抗体、研究者、医学、順番、高濃度、度目、接種、間隔、週間、産生

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です