1日の日本国債市場概況:債券先物は151円84銭で終了日本国債市場概況債券先物


<円債市場>
長期国債先物2021年9月限
寄付151円72銭 高値151円85銭 安値151円71銭 引け151円84銭
売買高総計24812枚

2年 426回 -0.120%
5年 147回 -0.120%
10年 362回 0.030%
20年 176回 0.425%

債券先物9月限は、151円72銭で取引を開始。夜間取引が堅調だった流れを引き継ぎ買いが先行した後も、財務省の10年債入札の結果が順調だったことから買いが続き、151円71銭から151円85銭まで上げた。現物債の取引では、2年債が売られ、5年債、10年債、20年債が買われた。

<米国債概況>
2年債は0.25%、10年債は1.47%、30年債は2.09%近辺で推移。
債券利回りはほぼ横ばい。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.19%、英国債は0.73%、オーストラリア10年債は1.51%、NZ10年債は1.87%。(気配値)

[本日の主要政治・経済イベント]
・18:00 ユーロ圏・5月失業率(予想:8.0%、4月:8.0%)
・21:30 米・先週分新規失業保険申請件数(予想:38.8万件、前回:41.1万件)
・22:45 米・6月製造業PMI改定値(予想:62.6、速報値:62.6)
・23:00 米・6月ISM製造業景況指数(予想:60.9、5月:61.2)
・23:00 米・5月建設支出(前月比予想:+0.4%、4月:+0.2%)
・03:00 ボスティック米アトランタ連銀総裁討論会参加
・OPECプラス会合

《KK》

提供:フィスコ
br、0.120、0.425、0.030

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です