NY金:強含み意識


COMEX金8月限終値:1783.30 ↑6.50

2日のNY金先物8月限は強含み。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は、前営業日比+6.50ドルの1783.30ドルで通常取引終了。時間外取引を含めた取引レンジは1774.40ドル-1795.90ドル。この日発表された6月米雇用統計で非農業部門雇用者数は市場予想を上回る伸びを記録したが、失業率は予想に反して上昇したことから、安全逃避的なドル買いは縮小し、金先物が買われる展開となった。金先物は雇用統計発表後に1795.90ドルまで買われており、一時1778.20ドルまで下げたが、時間外取引で1792.10ドルまで反発している。

《MK》

提供:フィスコ
雇用、上回、逃避、商品、日比、1783.30、1774.40、取引終、時間外取引、金先物

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です