東証2部(大引け)=2部指数は4日ぶり反落


7日大引けの東証2部指数は前日比18.75ポイント安の7721.08ポイントと4日ぶり反落。値上がり銘柄数は143、値下がり銘柄数は264となった。

個別ではクシム<2345>、川本産業<3604>、朝日印刷<3951>、SIG<4386>、那須電機鉄工<5922>など12銘柄が年初来安値を更新。トラスト<3347>、ラオックス<8202>、インスペック<6656>、扶桑電通<7505>、アライドテレシスホールディングス<6835>は値下がり率上位に売られた。

一方、ブルボン<2208>、アヲハタ<2830>、ICDAホールディングス<3184>、バイク王&カンパニー<3377>、リバーホールディングス<5690>など12銘柄が年初来高値を更新。ケミプロ化成<4960>、アジア航測<9233>、エリアリンク<8914>、イクヨ<7273>、セントラル総合開発<3238>は値上がり率上位に買われた。

来安、朝日、扶桑、上位、年初、印刷、更新、個別、lt、gt

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です