東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は5日続落BCC


9日前引けの東証マザーズ指数は前日比15.07ポイント安の1144.01ポイントと5日続落。値上がり銘柄数は74、値下がり銘柄数は287となった。

個別ではフィット<1436>、総医研ホールディングス<2385>、アスカネット<2438>、ファンデリー<3137>、ジェネレーションパス<3195>など64銘柄が年初来安値を更新。ジーネクスト<4179>、オムニ・プラス・システム・リミテッド<7699>、メイホーホールディングス<7369>、AHCグループ<7083>、交換できるくん<7695>は値下がり率上位に売られた。

一方、ステムセル研究所<7096>、BCC<7376>、コラントッテ<7792>が年初来高値を更新。カイオム・バイオサイエンス<4583>、ベイシス<4068>、JTOWER<4485>、Amazia<4424>、みらいワークス<6563>は値上がり率上位に買われた。

来安、上位、年初、更新、gt、lt、個別、AHC、銘柄、総医研

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です