東京株式(前引け)=前日比644円安急事大幅宣言


9日前引けの日経平均株価は前日比644円82銭安の2万7473円21銭。前場の東証1部の売買高概算は6億3709万株、売買代金は約1兆4988億円。値上がり銘柄数は250、値下がり銘柄数は1879、変わらずは63銘柄だった。

日経平均株価は大幅安。世界で新型コロナウイルスの感染拡大が続いていることが警戒され、前日のNYダウは259ドル安と大幅な下落となった。日本政府は8日に東京都に対して4度目となる緊急事態宣言を出したことも警戒された。これを受け、日経平均株価は大幅安となり2万8000円を割り込んだ。為替相場は1ドル=109円80銭台と円高基調にあることも警戒要因となっている。

個別銘柄では、ソフトバンクグループ<9984>や任天堂<7974>、トヨタ自動車<7203>が安く、日本郵船<9101>や三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>も値を下げた。半面、レーザーテック<6920>がしっかり、エーザイ<4523>やSHIFT<3697>、JTOWER<4485>が高い。

出所:MINKABU PRESS

警戒、大幅、京都、平均、要因、急事、前日、下落、日本政府、宣言

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です