バイデン大統領署名競争大統領令


バイデン大統領はきょう、米産業全般で競争を促す包括的な大統領令に署名する予定。テクノロジー企業や薬価、輸送コストなどの監視強化を当局に求める。ホワイトハウスによると、大統領令は旅客機の手荷物料金から、離職後の労働者の行動を制限する雇用契約に至るまで、あらゆる面で規定を設けるよう連邦政府に促すものとなる。ブルームバーグが伝えた。

具体的にはハイテク企業によるユーザーデータ使用を監督し、業界統合への監視を強化。フェイスブック<FB>やアマゾン<AMZN>、アップル<AAPL>、アルファベット<GOOG>などがユーザーデータを利用して市場で過大な力を得ているとの懸念に対応する。また、プロバイダーに全てのウェブコンテンツを平等に扱うことを義務付けた「ネット中立性」規則の復活を要請。トランプ前大統領によって廃止に追い込まれていた。

医薬品に関しては、低価格のカナダ産処方薬を輸入する計画をまとめるよう要請。ジェネリックの発売を遅らせるためにメーカーに金銭を支払う慣行についても是正を働き掛ける。

反競争の問題については、過去の悪い合併を巡っては、その合法性に異議を唱えることを検討するよう呼び掛ける。FRBと連邦預金保険公社(FDIC)、通貨監督庁(OCC)に対し、銀行合併に対する調査を厳格化するよう求める。また銀行の顧客が自分のバンキングデータをダウンロードして取得することを可能にするよう消費者金融保護局(CFPB)に要請する。

出所:MINKABU PRESS
中立、平等、利用、lt、FB、AAPL、gt、AMZN、監督、企業

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です