株価指数先物【昼のコメント】 25日線を捉えいったん達成感も日線意識


日経225先物は11時30分時点、前日比270円高の2万8770円(+0.94%)前後で推移。米国市場の上昇を受けて買い先行となり、寄り付きは2万8670円とシカゴ先物清算値(2万8655円)にサヤ寄せして始まった。現物の寄り付き直後に2万8700円を回復すると、その後も強い基調を続け、前場半ばには一時2万8840円まで上昇幅を拡大。前引けにかけて上げ幅を縮めたものの、2万8750円~2万8800円辺りで底堅く推移している。

指数インパクトの大きいソフトバンクグループ<9984>、ファーストリテイリング<9983>、ファナック<6954>などが日経平均株価をけん引。一方で、アドバンテスト<6857>、スクリーンホールディングス<7735>などハイテクの一角が弱含みに推移し重荷となっている。この影響からNT倍率は先物中心限月で14.63倍に上昇しているものの、ボトム圏からは脱せず。東証1部の売買高は4億8000万株と薄商いであり、インデックスに絡んだ売買が中心。

なお、日経225先物は25日移動平均線を捉えてきたことで、いったんは達成感につながる。しかし、底堅さが見られるようだと、断続的なインデックス買いによって、次のターゲットとして75日線が意識されるかが注目されそうだ。

重荷、倍率、中心、推移、平均、指数、NT、gt、lt、東証

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です