炭素|加速、EU、自動車業界は反発


記者会見で温室効果ガスの削減策などを発表したフォンデアライエン欧州委員長=14日、ブリュッセル(AP=共同)記者会見で温室効果ガスの削減策などを発表したフォンデアライエン欧州委員長=14日、ブリュッセル(AP=共同)

 【ブリュッセル、ベルリン共同】欧州連合(EU)欧州委員会は14日、ハイブリッド車を含むガソリン車やディーゼル車の新車販売を2035年に事実上禁止する政策を発表、低炭素社会に向け各メーカーの電気自動車への転換が大幅に進みそうだ。一方、急速な対応を迫られた自動車業界は既に反発している。

 欧州委が発表した政策では、新車の二酸化炭素排出量を30年に現行基準から55%削減し、35年にはゼロにする。政策の実現には今後、加盟国や欧州議会の承認手続きが必要となるが、激しい議論が交わされそうだ。

 ドイツの大衆紙ビルトは「容赦のない気候変動対策。全国民に影響」と報道した。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です