15日のNY市場はまちまちNY市場


NYDOW : 34987.02 (+53.79)
NASDAQ : 14543.13 (-101.82)
CME225 : 28090 (-130(大証比))

[NY市場データ]

15日のNY市場はまちまち。ダウ平均は53.79ドル高の34987.02ドル、ナスダックは101.82ポイント安の14543.13で取引を終了した。強弱まちまちの経済指標を受けて、寄り付き後、いったん下落した。しかし、連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が上院銀行委員会の証言で、緩和縮小の条件達成は程遠いとの見解を繰り返すと上昇に転じ、ダウは終日底堅い展開となった。ハイテク株は利益確定売りが継続し、ナスダック総合指数は下落。セクター別では、公益事業が上昇した一方で、半導体・同製造装置、エネルギーが下落した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比130円安の28090円。ADRの日本株はソニーG<6758>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、富士通<6702>、富士フイルム<4901>、エーザイ<4523>、オムロン<6645>など、対東証比較(1ドル109.84円換算)で全般軟調。
《FA》

提供:フィスコ
NY、市場

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です