バイオ医療ファイブロジェン<FGEN> 慢性腎臓病貧血治療薬ロキサデュスタットの承認が難しくなり米国株個別


バイオ医療ファイブロジェン<FGEN>慢性腎臓病貧血治療薬ロキサデュスタットの承認が難しくなり、大きく値を落とす=米国株個別

米バイオ医療ファイブロジェン<FGEN>は、英アストラゼネカと共同開発した慢性腎臓病貧血治療薬ロキサデュスタットについて、米食品医薬品局(FDA)の心血管・腎臓薬諮問委員会(CRDAC)の投票で承認しないことを推奨したと発表した。FDAの決定において、CRDACの投票結果が拘束力を持つわけではないが、影響を強く受けることから、同社株価は40%を超える大きな下げとなっている。

(NY時間13:19)
ファイブロジェン 13.44(-11.40 -45.89%)

出所:MINKABU PRESS
投票、心血管、食品、拘束力、腎臓病貧血治療薬、医薬品局、gt、lt、FGEN、医療

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です