日経平均は368円安、4連休や欧州金融イベント控え様子見ムード


日経平均は368円安(14時25分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>などがマイナス寄与上位となっており、一方、中外薬<4519>、エーザイ<4523>、ダイキン<6367>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは全業種が値下がり。空運業、鉄鋼、非鉄金属、電気機器、ガラス土石製品が値下がり率上位、医薬品が値上がりしている。

日経平均は方向感のない動きとなっている。今週は22日からの東京市場の4連休に加え、22日に欧州中央銀行(ECB)理事会、ラガルドECB総裁の記者会見など金融イベントも控えており、積極的な売買は手控えられているようだ。

《FA》

提供:フィスコ
方向感、理事会、平均、中央、金融、東京市場、今週、売買、ECB、総裁

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です