Interconnect Technology Groupは、IDCの新しい小売+クラウドネイティブヘルプ「顧客側の新しいインフラストラクチャ」であるShisuCloudを完全に買収しました


7月19日、21VianetVNET傘下の相互接続技術グループであるNEOLINKTechは、クラウドネイティブアプリケーションとデータプラットフォームの分野でのShisuyunの完全所有買収を正式に完了したと発表しました。 21VianetVNETの「IDCカスタマイズ+ IDC New Retail」のデュアルエンジン戦略は加速しており、IDC New Retail + Cloud Nativeは、「顧客側の新しいインフラストラクチャ」の実装における大きなブレークスルーの達成を支援しています。

広報によると、シスユンは2014年末に北京に設立され、コアチームはIBMから来ています。 北京本部に加えて、上海、深セン、広州、武漢、青島などにも支店が設立されています。 Hourly Cloudは、設立以来、500を超える中規模および大規模のエンタープライズユーザーとFortune 500企業にサービスを提供し、コンテナクラウドや分散ミドルウェアサービスなどの複数の業界標準の策定に参加してきました。 ShisuyunCEOのHuangQigongはIBMで生まれました。彼はかつて、IBMの初期のコンテナー技術チームを結成し、IBMのクラウドコンピューティング戦略の変革を十分に経験しました。 Shisu Cloudのイニシエーターとして、彼はチームを率いて、中国でKubernetesをベースにした最初のコンテナークラウドプラットフォームをリリースしました。

21Vianet VNETCEO兼NEOLINKTechのエグゼクティブチェアマンであるShenYuanqing氏は、次のように述べています。同社のリーダー。ボンディングから完全統合まで、両当事者はクラウドコンピューティングの転換点に到達し、クラウドネイティブがエンタープライズデジタルトランスフォーメーションの重要なエンジンになりつつあると固く信じています。将来的には、最先端のインターネットテクノロジーに依存し、新しい顧客側インフラストラクチャの強み、スピードクラウドの恩恵フルスタックのクラウドネイティブ製品機能により、両当事者は最大限の相乗効果を発揮して、顧客のデジタル変革のライフサイクル全体に強力な勢いを提供します。 「シスユンCEOの黄気功は、相互接続技術グループであるシスユンのNEOLINK Techのメンバーになった後、エコロジー全体とのつながりがより緊密になり、相互協力がより効率的になり、相乗効果がより重要になると述べました。 Huang Qigongは同社の全文で次のように述べています。「インターネットテクノロジーの買収が完了した後、Hourly Cloudチームとビジネスは、同じ顧客へのコミットメント、同じ製品ビジネス、同じ組織構造の下でインターネットテクノロジーに完全に参加します。 ”

流行後の時代、クラウドコンピューティングは、クラウドが移動した浅瀬から加速しました。��CloudNativeの深海域の変換とアップグレード。 いわゆるクラウドネイティブとは、クラウドアプリケーション設計の概念を指します。これは、クラウド効率のベストプラクティスパスを十分に活用し、企業が自律的に制御可能、柔軟性、信頼性、疎結合、管理が容易で、監視可能なクラウドを構築するのに役立ちます。マルチクラウド環境の通常の状態。アプリケーションシステム。 クラウドネイティブは、企業が配信効率を改善し、運用と保守の複雑さを軽減するのに役立ちます。代表的なテクノロジーには、コンテナー、マイクロサービス、サービスグリッド、宣言型API、機能サービスが含まれます。

この買収の完了後、NEOLINKTechの主要な顧客側の新しいインフラストラクチャ機能とSZCloudフルスタッククラウドネイティブ製品機能に依存して、両当事者は共同で新世代のデータセンターベースを構築しますクラウドネイティブテクノロジーについて。次の3つの側面に反映されます。

1.クラウドネイティブ管理およびサービス自動化プラットフォーム:エンタープライズデジタルトランスフォーメーションテクノロジーベースと、アプリケーション管理プラットフォーム(コンテナサービスをカバー)を含むユーザーセルフサービスポータル、DevOps、マイクロサービスガバナンスなど。コア機能)および統合リソース管理プラットフォーム(コンピュータールーム相互接続、ネットワーク相互接続、クラウド相互接続、サービス相互接続などのコア機能をカバー)。

2。クラウド-ネイティブの基本リソース:従来の企業と成長するインターネットの顧客向けに、コンテナインスタンス、コンテナサブスクリプション製品、ベアメタルクラウドに基づくクラウドネイティブのオールインワンマシンを提供します。

3。クラウドネイティブアプリケーション市場:安全で信頼性が高く、中立的なクラウドネイティブアプリケーション市場を構築し、エコロジカルな構築に重点を置き、企業を加速させます。アプリケーションのクラウドネイティブペース。

21Vianet VNETのサブブランドとして、インターネット技術グループであるNEOLINK Techが今年4月に正式に設立されました。これは、顧客側の新しいインフラストラクチャとして位置付けられています。ビジョンはデジタル化です。移行はシンプルで簡単に入手できます。使命はデジタル経済の時代です。お客様のデジタル変革のライフサイクル全体のパートナーになります。 シスユンの買収に伴い、相互接続技術グループであるNEOLINK Techは、クラウドネイティブ技術に焦点を当て、データセンター、ネットワーク製品、ハイブリッドクラウド製品、サーバー製品、運用および保守製品を統合し、業界のデジタル変革。 デジタル経済の時代において、相互接続されたテクノロジーグループであるNEOLINK Techは、新しいデータセンター建設レイアウトの最適化、ネットワーク品質の向上、コンピューティングパワーの加速、産業チェーンの安定性、セキュリティ強化の促進に関して、5つの主要な製品ラインに依存して進歩を続けています。 。

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です