緊急発表! 南京は23日から26日まで診療所に通院した人員を募集しています。流行の広がりは125に増加し、東京での1日あたりの新規症例数は過去最高に達しました。


Financial Associated Press(上海、編集者Shi Zhengcheng)は、北京時間の7月27日の23:40の時点で、世界中で確認された新しい冠状動脈性肺炎の症例数が194,941,199人、そのうち死亡者数は4172013人に達した。

英国(5748331件)とスペイン(434,2054件)を含むヨーロッパでは、デルタウイルスの影響を受けた地域で確認された症例がすべて減少しています。現象。 プレス時点で、フランス(6061804件)、イタリア(4320530件)、ドイツ(3765151件)で確認された症例の増加は、最近のレベルで変動し続けています。

米国(34,538,580件)はワクチンにより安定しましたが、デルタウイルスによるリバウンドにより短期的には不確実性が増しています。

(世界的大流行の概要、出典:ジョンズホプキンス大学)

さらに、インド(31440951件)とブラジル(19707662件)の新興国は依然として高水準ですが、トルコ(5618417件)、ロシア(6094379件)、インドネシア(3239936件)も、症例数が依然として大幅に増加している国です。

以下は、関連する国で毎日確認されている症例の成長曲線です。

(出典:Financial Associated Press、Wind)

世界的な流行の傾向

[全国保健委員会:COVID-19ワクチンの1億5,687万回の全国累積報告]

国家保健委員会によると、2021年7月26日の時点で、31の州(自治区、地方自治体)と新江生産建設隊が合計1,565,872百万を報告しています。 COVID-19ワクチンの投与量。

[南京の流行の広がりの連鎖は125人に増加しました]

今日(27日)の朝10:30、南京は、エピデミックの予防と管理の最新の状況を知らせるために、新しいクラウン肺炎の流行の予防と管理に関する第7回記者会見を開催しました。 報道によると、7月26日24:00現在、市は確認された局所症例は合計106例で、そのうち66例は軽度、38例は正常、2例は重度、6例は局所無症候性感染でした。これら112例のうち、99例は江寧区、6例は高淳区リツ水区でした。 、玄武、秦淮、建ギョウ、鼓楼、棲霞地区にそれぞれ1件。

同時に、メディアの統計によると、7月20日に南京禄口空港で9件の陽性症例が検出されたため、現在の南京での流行は広東省、遼寧省、安徽省にリンクされており、江蘇省と四川省の5つの省では、伝送チェーンが125人に広がっています。 その中で、瀋陽、中山、綿陽、宿遷、六角、蕪湖、朱海、大連で発見された感染者はすべて禄口国際空港に直接関係しています。

[南京疾病管理予防センター:ウイルス株はデルタ株としてロックされています]

本日(27日)午前10時30分、南京市は新たな冠状肺炎の流行の予防と管理に関する第7回記者会見を開催しました。報告によると、流行を引き起こしたウイルス株はデルタ株でした。

[南京リツ水はFangcai病院を建設中ですか?

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です