明日の為替相場見通し=米ADP雇用統計など注目


明日の為替相場見通し=米ADP雇用統計など注目  今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、米経済指標が注目されそうだ。予想レンジは1ドル=109円20~110円00銭。 今晩は米5月ADP雇用統計と同ISM非製造業景況感指数が発表される。明日の米5月雇用統計の前哨戦として、その結果が関心を集めているが、インフレ懸念とテーパリング(量的緩和縮小)の行方に絡み、相場に影響を与えることも予想される。出所:MINKABU PRESS

Related Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です